通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

ISO/IEC 9899:2011

辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング言語編 (PTPROGN)
読み:アイエスオウ・アイイースィー・きゅうはちきゅうきゅう・にーゼロいちいち
外語:ISO/IEC 9899:2011 英語
品詞:固有名詞
2011/12/27 作成
2012/01/05 更新

ISO規格によるC(ISO C)の第三版。俗に「C11」と呼ばれる。仕様策定中は「C1X」と呼ばれていた。

目次

日本規格は、JIS X 3010だが、この版に対応するものは出版されていない。

全面的な改訂により、C++からの逆輸入なども行ないながら、近代的な機能が取り込まれている。

仕様書の価格はCHF 338.00で、日本円にして約28,000円。

主な仕様変更は次の通り。

  • C++との互換性確保
  • 標準化されたalignment指定
    • 新予約語_Alignasの追加
  • 無名構造体と共用体
  • マルチスレッド機能
  • ISO/IEC TR 19769:2004に基づくUnicodeサポート
    • char16_tやchar32_tの対応
    • それぞれの直定数の書き方の追加(u""やU"")
  • 浮動小数点型の特性を調べるマクロや静的アサーション機能の追加
  • 範囲チェック関数の追加
    • 新予約語_Static_assertの追加(C++のstatic_assertに相当。<assert.h>をincludeするとstatic_assertも定義される)
    • Microsoft C/C++で導入されていた、xxx_s系関数の追加
    • ついで、gets関数の廃止

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club