通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

J-3100

辞書:電算用語の基礎知識 計算機固有名詞編 (TCPROD)
読み:ジェイさんぜんひゃく
外語:J-3100 英語
品詞:商品名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

東芝の開発したパソコンで元祖J-3100はPC/XT互換機だった。1986(昭和61)年10月発売。翌年の1987(昭和62)年6月にはPC/AT互換機であるJ-3100 GTが登場した。

元々ラップトップを志向した機械だったが、実際に膝に乗せて使えるかどうかは大きな疑問である。後の1988(昭和63)年にはデスクトップパソコンのJ-3300も登場したがそれ限りで、1991(平成3)年にはJ-3100型番でのデスクトップパソコンが登場した。世界初のノートパソコンであるDynaBookことJ-3100SSの発売は1989(平成元)年6月である。

当初は、漢字ROMを搭載し、日本語の制御を東芝独自のBIOSで制御し、かつ画面を640×400という通称DCGAと呼ばれるCGAを独自拡張した画面モードを用いて動作させていた。これを俗にJ-3100規格という。シリーズ当初はDCGAの他にEGAやVGAなども混在して使われていた。

ハードウェアを用いて日本語を表示していたのは当時のCPUの処理性能に問題があったためで、ライバル機種NEC PC-9801も同様にハードウェアで処理していた。が、やがてJ-3100もDOS/Vを使うように方向転換し、ソフトウェア的に日本語表示処理を行なうようになった。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club