通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

JIS配列

辞書:電算用語の基礎知識 計算機入力装置編 (TCPERII)
読み:じすはいれつ
品詞:名詞
2008/05/28 作成

キーボードの配列の一つ。JIS X 6002-1980 情報処理系けん盤配列、として規格化されている。

目次

日本で最も普及しているキーボードである。大まかな特徴は次の通り。

現在使われているものは、JIS X 6002の「図2」として掲示されているものを参考にしているが、完全な準拠ではない。今では、かな配列のガイドラインと化している。

JISのキーボード配列は、次の二つがある(あった)。

  • JIS X 6002(旧JIS C 6233)
  • JIS X 6004(旧JIS C 6236)

JIS配列はこのうち前者であり、この配列を採用したキーボードをJISキーボードという。

後者は新JIS配列と俗称されるが、前者は「旧JIS配列」と呼ぶ向きもある。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club