通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

LPDDR SDRAM

辞書:電算用語の基礎知識 技術メモリー編 (TTMEM)
読み:エルピーディーディーアーエスディーラム
外語:LPDDR SDRAM: Low-Power Double DataRate SDRAM 英語
品詞:名詞
2012/05/21 作成

従来のDDR SDRAMと同等の技術を用い、かつ低電圧化したSDRAM

目次

電源電圧は、DDR SDRAMの2.5V/2.6Vに対し、1.8V以下となっている。

電圧を下げることで消費電力を抑えることができ、主としてモバイル機器向けとして利用されている。スマートフォンなどで採用されている。

LPDDR2以降は動作電圧の他にブースト電圧という2電源が必要となっている。

  • LPDDR SDRAM ‐ コア電源1.8V、IO電源1.8V
  • LPDDR2 SDRAM ‐ コア電源1.2V、IO電源1.2V、ワード線ブースト電源1.8V
  • LPDDR3 SDRAM ‐ コア電源1.2V、IO電源1.2V、ワード線ブースト電源1.8V
  • LPDDR4 SDRAM ‐ (まだ未定)

LPDDR3は2013(平成25)年頃の主流と見込まれ、後継LPDDR4は2015(平成27)年頃の主流と見込まれる。

関連するリンク
JEDEC
関連する用語
DDR SDRAM

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club