通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

SDRAM

辞書:科学用語の基礎知識 電子部品編 (NELECP)
読み:エスディーラム
外語:SDRAM: Synchronous DRAM 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

EDO DRAMの次の世代の主力メモリーとなった高速化DRAM

最初にアクセスするアドレスを指定すると、そこから連続したアドレスの読み込みがマザーボードのクロックに同期して行なえるDRAM。一回一回アドレスを指定する必要が無い分、シーケンシャルアクセスについては普通のDRAMより高速になる。

但し、SDRAMではメモリーアクセス要求をしてから実際のデータが出力されるまで、概ね6クロック程度が必要である。つまり "RAS-to-CAS Delay" と "CASレイテンシー" を合わせた時間が最低必要で、更にデータ転送に4クロック(通常の4ワードのバースト転送の場合)、そしてDRAMではデータを読み出すとデータが消えてしまうので、書き戻すプリチャージに2クロックを要し、計12クロックが最低必要である。

SDRAMの後継に、転送速度を倍速化したDDR SDRAMがあるが、ここで高速化されるのはデータ転送時間だけなので、転送時間が4→2クロックに減るのみであり、アクセス時間は10クロックにしかならない。

関連する用語
DDR SDRAM
VC SDRAM
DRAM
CASレイテンシー

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club