通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

MIFARE Classic

辞書:電算用語の基礎知識 計算機記憶装置編 (TCPERIS)
読み:マイフェア・クラシック
外語:MIFARE Classic 英語
品詞:名詞
2015/07/26 作成

MIFAREブランドの近接型非接触ICカードのうち、最初のもの。「MIFARE Standard」とも。

ISO/IEC 14443 Type AおよびISO/IEC 18092(NFCIP-1)で規格化されている。

シンプルなメモリーカードであるが、メモリー全体はセクターに分かれ、各セクターはブロックに分かれている。各セクターごとに48ビット長の暗号鍵が二組(AとB)用意され、Aのみ、またはAとBの組を使用して各領域をプロテクトできるようになっている。

ICに対するコマンドとしては、各ブロックに対して読み込み、書き込み、値の増減などが用意されている。

MIFARE Classic 1k

MIFARE Classic 1kは、総メモリー空間が1024バイトで、実メモリー768バイト(うちユーザー領域は752バイト)のメモリーを搭載したものである。全体で16セクター、各セクターは4ブロックで、1ブロックは16バイトである。

セクター0のブロック0は、Manufacturer blockとされ、32ビットのNUIDを含む、リードオンリーのカード情報が記録されている。

各セクターのブロック0から2まで(セクター0のみブロック1と2)がデータブロックである。

各セクターのブロック3はセクタートレーラーで、Key A/Bとアクセス条件が記録されている。

MIFARE Classic 4k

MIFARE Classic 4kは、総メモリー空間が4096バイトで、実メモリー3456バイト(うちユーザー領域は3440バイト)のメモリーを搭載したものである。全体で40セクターであり、セクター0から31までが4ブロック、32から39までが16ブロックで、1ブロックは16バイトである。

セクター0のブロック0は、Manufacturer blockとされ、32ビットのNUIDを含む、リードオンリーのカード情報が記録されている。

各セクターのブロック0から2または14まで(セクター0のみブロック1と2)がデータブロックである。

各セクターのブロック3または15はセクタートレーラーで、Key A/Bとアクセス条件が記録されている。

MIFARE Classic mini

MIFARE Classic miniは、総メモリー空間が320バイトで、実メモリー240バイト(うちユーザー領域は224バイト)のメモリーを搭載したものである。全体で5セクター、各セクターは4ブロックで、1ブロックは16バイトである。

セクターの使われ方は、MIFARE Classic 1kなどと同様である。

用語の所属
MIFARE
ISO/IEC 14443 Type A
関連する用語
NFCIP-1

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club