通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

PC-6001

辞書:電算用語の基礎知識 計算機固有名詞編 (TCPROD)
読み:ピースィーろくまるまるいち
外語:PC-6001: Personal Computer 6001 英語
品詞:商品名
1998/12/04 作成
2015/08/12 更新

NECの開発したホビー向け8ビットパーソナルコンピューター

1981(昭和56)年発売。

CPUにZ80互換のμPD780C-1を搭載した。

初代の愛称はパピコン。

しゃべる

オプションの発声ボード兼ROMボードを装着すると、喋らせる事が可能。

好評を博し、後継機全てにこの喋る機能が標準装備されており、またPC-6001mkⅡSR以降およびPC-6601シリーズすべてでは音程を付けることが可能で「歌う」ことができる。

パピコンの進化

  • PC-6001(パピコン)
    • PC-6001mkⅡ ‐ グラフィックモード追加/しゃべる
      • PC-6001mkⅡSR ‐ FM音源(OPN)/歌う
    • PC-6601 ‐ 3.5インチ1D FDD内蔵/歌う

6001mkⅡにFDDを内蔵したのが6601と言える。歌う機能は6601が先である。

なお、FDDの機能は、6001と6601で非互換。ただしホビー機である6001で高価なFDDを外付けするような運用は殆どなく、問題にはならなかった。

BASIC

PC-6001(パピコン)
PC-6001mkⅡ

5種類が標準搭載されている。

  1. N60 BASIC (RAM-16K)
  2. N60 BASIC (RAM-32K)
  3. N60 EXTENDED BASIC (RAM-16K)
  4. N60 EXTENDED BASIC (RAM-32K)
  5. N60m BASIC (RAM-64K)
用語の所属
NEC
パーソナルコンピューター
P6
関連する用語
PC-6601
μPD780C-1
パピコン

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club