通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

PCI Express ×8

辞書:電算用語の基礎知識 計算機バス装置編 (TCPERIB)
読み:ピースィーアイ・エクスプレス・かけるはち
外語:PCI Express x8 英語
品詞:固有名詞
2008/06/08 作成
2013/10/14 更新

PCI Expressのうち、標準速(1×)で、かつ8レーン(×8)であるもの。

片方向1レーンのベアラー速度(物理層速度)は2.5Gbpsである。8レーンあるので、8倍の20Gbpsとなる。

8b/10b符号を使用しているため、片方向あたりの実質の転送帯域は片方向16Gbps、つまり2Gバイト/秒である。

各レーンは双方向あるので、双方向合わせれば倍の4Gバイト/秒が有効帯域ということになる。

当初は、サーバーやスーパーコンピューターで使われるPCクラスターシステム等で、10GbEの帯域速度を実現させるためによく使われた。

その後、一般的なパーソナルコンピューター用途でも搭載されるようになった。

PCI Expressは上位互換であるため、PCI Express ×8仕様のスロットに×1仕様や×2仕様、×4仕様のカードを挿して使うことができる。

理論上は、上位となる×16仕様のカードも挿して利用可能(但し性能は×8相当)ではあるが、現実にはスロットの物理的形状の都合から、×16仕様のカードを×8仕様スロットに差し込むことは困難である。またスロットを削るなどして強引に挿したとしても、実際に動作するかは保証されていない。

用語の所属
PCI Express

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club