通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

RAID5

辞書:電算用語の基礎知識 計算機記憶装置編 (TCPERIS)
読み:レイドファイブ
読み:レイドご
外語:RAID5 英語
品詞:名詞
2000/12/26 作成
2007/05/17 更新

RAIDの一種で、ストライピング(ブロック)とパリティドライブ(分散)。

RAID4までは、パリティに専用のディスクが割り当てられていたものを、別々のドライブに分散して記憶するようにしたもの。RAID4でのパフォーマンス低下を改善するために作られた。

RAID6が登場するまでは、RAIDとして市場に出ている製品では最も一般的だった。

分散

最低3台のハードディスクドライブで構成される。

最低構成の場合、データはブロック単位で分割され、3台のハードディスクの決められた部分に書きこまれる。

書き込まれたデータのパリティをハードディスクに書き込む(パリティは3台に分散して保存される)。

よって、最低構成(ハードディスク3台)の時の容量はハードディスク2台分である。

機能と問題

ディスクは、3台中1台までは、故障してもデータは保持される。

故障復旧中はパリティの再生成のため残ったハードディスクがフル稼動するため、その負担は非常に大きい。このため、あるハードディスクを復旧する際、別のハードディスクが故障するという事例が続出した。

近年はその問題が起こりにくい、RAID6を採用する例が増えている。

用語の所属
RAID
関連する用語
RAID4
RAID6
ディスク
ストライピング
パリティ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club