通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

パリティ

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術物理層編 (CTPMD)
読み:パリティ
外語:parity 英語
品詞:名詞
1998/12/15 作成
2007/11/08 更新

誤り検出のためのビット情報。

目次

実際のデータのほかに、パリティビットと呼ばれる情報を1ビット(場合によっては複数ビット)用意する。

そして、パリティビットも含めたデータ一つ毎にビット1の状態が奇数個あるか偶数個あるかを調査する。

データ送信時にデータに応じてパリティビットをセットし、受信側でチェックして、通信経路においてデータが化けていないかを確認することができる。

データが8ビット単位なら、パリティを含め9ビット毎に偶奇をチェックする。偶数奇数は予めどちらかに決めておく。この方式を「垂直パリティ」という。

これが1が偶数個であるものを偶数パリティ、奇数個であるものを奇数パリティという。一般的には偶数パリティが使われている。

古くから使われている方法であるが、パリティビット数が1ビットの場合は偶数個エラーがあれば見逃してしまうので、信頼性が必要な分野では殆ど使われていない。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club