通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Sフォーマット

辞書:電算用語の基礎知識 技術演算器編 (TTCPU)
読み:エスフォーマット
外語:S format 英語
品詞:名詞
2001/04/17 作成
2008/07/10 更新

プログラミング言語アセンブルコンパイルして得られた実行形式のバイナリを、16進数の文字列としてテクストファイルにしたもの。

目次

ファイルは、各行に、行の長さ、アドレス、内容、チェックサムなどが書かれている。

ROMライターでROMを焼く時などに利用するが、方言が強い。

俗にモトローラタイプ、Sレコード、モトローラHEXとも呼ばれるファイルである。名前の通り、モトローラ系のプロセッサー(例えばルネサスのH8SuperHなども含む)用のROMを焼く時に使われる。

アドレス幅に応じて、S1形式(16ビットアドレス)、S2形式(24ビットアドレス)、S3形式(32ビットアドレス)がある。

S1形式の場合、具体的には次の形式である。

S1nnaaaadd・・・ddss

nn=aaaa〜ssまでのバイト数、aaaa=アドレス、dd=データ、ss=チェックサム、となっている。

ファイルの拡張子は「.S」や「.MOT」などとすることが多いようだ。

関連する用語
HEXファイル

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club