通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

SDIO

辞書:電算用語の基礎知識 計算機バス装置編 (TCPERIB)
読み:エスディーアイオウ
外語:SDIO 英語
品詞:名詞
2011/06/14 作成

メモリーカード規格であるSDメモリーカードと同じインターフェイスで、データ入出力(I/O)を可能とする周辺機器規格。

SDIOカードは、携帯電子機器に、低消費電力で高速なデータI/Oを提供することを目的とする。

もちろんSDIOに対応したスロット&機器でしか利用できないが、しかし従来のSDメモリーカードスロットに挿入しても単に無視され、故障など重大な問題が発生しないように設計されている。

機能

SDIOの機能として、次のものが標榜されている。

  • 携帯および固定アプリケーション用のターゲット
  • SD物理バスへの変更が最小または不要
  • メモリードライバーソフトウェアへの変更を最小限とする
  • 専用アプリケーションで拡張物理フォームファクターが利用可能
  • プラグアンドプレイ(PnP)のサポート
  • 複数I/O、組み合わせI/O、メモリーを含むマルチファンクションのサポート
  • 1枚のカードで、7つのI/O機能と一つのメモリーをサポート
  • カードからホストへの割り込みを許容
  • 動作電圧範囲は2.7〜3.6V (動作電圧は初期化に使用される)
  • 標準SDIO機能に関するアプリケーション仕様
  • 複数のフォームファクター
    • フルサイズのSDIO
    • miniSDIO

種類

SDIOカードは、「フルスピードSDIOカード」と「ロースピードSDIOカード」の二種類が定義されている。

フルスピードSDIOカードは0-25MHzのクロック範囲で、SPI、1ビットSD、4ビットSDの各伝送モードをサポートする。フルスピードSDIOカードは最大で100Mビット/秒(10Mバイト/秒)以上のデータ転送速度を持っている。

ロースピードSDIOカードはサブセット仕様で、SPIと1ビットのSD伝送モードを必須とし、4ビットSD伝送モードはオプション扱いとなる。またクロックも0-400kHzの範囲となる。特に高速が求められない機器で、最小限のハードウェアで充分なI/O能力をサポートすることを目的とし、モデム、バーコードリーダー装置、GPS受信機のような機能への対応が想定されている。

関連するリンク
http://www.sdcard.org/jp/developers/tech/sdio/
用語の所属
SDメモリーカード

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club