通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

VRML

辞書:電算用語の基礎知識 ファイル形式編 (PFFMT)
読み:ヴィーアーエムエル
外語:VRML: Virtual Reality Modeling Language 英語
品詞:固有名詞
2000/06/07 作成
2008/05/26 更新

HTTPを介して3次元空間を表現するための規格。専用のWebブラウザー(もしくはプラグイン)が必要。ハイパーリンクの機能を持つ。

目次

1994(平成6)年5月第一回国際WWW会議に並行して開かれたBOFにて提唱された。この当時は、Virtual Reality Markup Languageだった。

独自の書式を採用し、内容はプレーンテクストで記述可能だが、gzipによる圧縮も可能である。

しかしJava 3D登場後はあまり話題に上らなくなった。

VRMLの表現力に限界が出てきたため、後継としてXMLアプリケーションのX3D(eXtensible 3D)の開発が始まった。

用語の所属
バーチャルリアリティ
関連する用語
HTML
gzip
Java 3D

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club