通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

root

辞書:電算用語の基礎知識 計算機OS機能編 (TCOS)
読み:ルート
外語:root 英語
発音:rú:t 英語
品詞:名詞
2001/07/20 作成
2009/10/31 更新

UNIXにおける標準的な特権ユーザー(スーパーユーザーアドミニストレーター)のログイン名。ただし、これ以外のログイン名でもUID(ユーザーID)が0であるユーザーは特権を持つ。

rootはスーパーユーザー権限を持っており、全てのファイルに無条件でアクセスすることができる。このため、通常の作業をするには全く向いていない。

例えば「rm -rf /」などと入力しても、本当にその通りにコマンドを実行する。そのため、よほど特殊な設定をする場面以外では、このアカウントは使われない。

UNIXでは、システムの設定をする場合や、ソフトウェアをインストールする時以外には、管理者といえども一般ユーザーとして利用するのが通例である。

デフォルトパスワード

rootに、どのようなパスワードが初期設定されているかは、そのオペレーティングシステムによって様々である。Linuxでは、ディストリビューションごとに違う。

例えば、デスクトップ用OSとして人気を集めているUbuntuの場合、デフォルトパスワードが無い。つまりrootでログインすることが、そのままでは出来ない。

解決の方法は二通りある。

  1. sudoする

    rootのパスワードを設定しなくても、次の方法でログインできることが確認できている。

    $ sudo su -

    後はrootとして活動できるが、ここでpasswdを実行してパスワードを設定することもできる。

  2. rootのパスワードを設定する

    rootのパスワードを設定すれば、以降はsuでスーパーユーザーになることが出来る。

    $ sudo passwd root

    以降は、表示に従ってパスワードを入力すればよい。

攻撃対象

クラッカーの最終目標は管理者権限(root権限)の奪取である。管理者権限があればそのコンピューターを自由に使うことができるからである。

現在、安全のために通常は、リモートからrootで直接ログインは出来ないようになっている。そこでクラッカーは、別の手を使って管理者権限の奪取を試みる。

よくある手

ありがちな手は、一般ユーザーのアカウント(ログイン名とパスワード)を乗っ取り(盗み取り)、そのアカウントでまずログインする。次に、何らかのセキュリティホールを悪用して管理者権限を奪取する。

最近の例では、Linuxカーネル2.6系にあったセキュリティホールを突かれ、Debian GNU/Linuxの開発サーバーの開発者アカウントを奪われた後、管理者権限が奪われる事件があった。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club