通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

オメガ

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術用語編 (WCYOGO)
読み:オメガ
外語:omega 英語
発音:ouméigə , -mí:gə , -mégə 米国英語 , óumigə , -megə 英国英語
品詞:名詞
2006/06/15 更新

アメリカのJohn Alvin Pierceの提案により開発された無線航行システム。8局の電波局を用意して世界中を覆うように配置し、各電波局から5種類の周波数の電波を定期的に送信している。

使われる周波数は、1.133kHzを基本周波数とする高調波である。

航空機や船舶はこの電波のうち10.2kHz(9f)の位相比較を利用して、8局のうちのいずれか適当な2局までの距離を測り、それによって双曲線位置情報を得る。さらに他の2局についても同様にして双曲線位置情報を測定し、その交点を現在位置として決定する。

なお、13.6kHz(11f)と11.33kHz(10f)は位置線のアンビギュイティ(曖昧さ)を除くために使われている。このほかにも各局特有の周波数が割り当てられている。

用語の所属
無線航行
関連する用語
超長波
ロラン
ロランC
GPS

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club