通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

コールバック

辞書:通信用語の基礎知識 固定電話技術編 (WTELFT)
読み:コールバック
外語:call back 英語
品詞:さ変名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

電話をかけて自分の電話番号を知らせ、すぐに電話を切ると、すぐにかけた先から折り返し電話がかかってくること。これにより通話料金を相手持ちとすることができる。

これを国際電話で人為的に行ない、相手国発に切り替えると通話料を安く出来ることがある。例えばアメリカなどの大口割引を利用すれば通話料が安くなるが、本来なら発信国の収入になるはずの通話料金がアメリカへ流れてしまう。そのため、支那・タイなど、後進国の多くで禁止されている。

日本から国際電話をかける場合はKDDIなどの電話会社を利用することになるが、コールバックで折り返し電話をかけさせることにより、海外の国際電話業者(日本より安い)を使って国際電話をかけている状態にすることが出来る。しかしITU(国際電気通信連合)でコールバックの規制をしようと言う動きがあり、今後はコールバックによる安価な国際電話も実現できなくなると予想されている。

関連するリンク
ITU
関連する用語
KDD
ITU
通話料
国際電話

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club