通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

サードパーティーリレー

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術安全編 (CTSEC)
読み:サードパーティーリレー
外語:third party relay 英語
品詞:名詞
2000/05/11 作成
2012/02/19 更新

第三者中継。自分のサイトでも送信先のサイトでもないメールサーバーを経由してメールを送信すること。また、経由すること。

目次

サードパーティーリレーが可能なSMTPサーバーであるかどうかは、調査サイトなどが幾つか存在する。

SMTPサーバー管理者は、そのSMTPサーバーがサードパーティーリレーを許可しないよう勤めねばならない。

なお、調査サイトでむやみに他人のSMTPサーバーをチェックすることは、クラッキングのチェック、あるいはサーバーに対する攻撃ともみなされかねないので、やめるべきである。

かつては、多くのスパムでこれが行なわれていた。

最近は、POP before SMTPに加え、メッセージサブミッション(OP25B)などが一般化し、サードパーティーリレーは激減している。

代わって普及したのは、ボットネットであった。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club