通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ナノセル

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:ナノセル
外語:nano cell 英語
品詞:名詞
2007/09/12 作成
2014/03/05 更新

携帯電話PHSなどで、小型の基地局(スモールセル)の一つ。

目次

一つの基地局が受け持つ範囲を極めて狭く設計した基地局である。

マイクロセルセルは数十メートルから数百メートル程度である。

マクロセルと比較すると電波が微弱となるため、境界付近や屋内では電波が届きにくく、通信しにくい状態が生じやすい。

そこで、これらの穴を埋めるために設置される、マイクロセルよりも更に小規模なエリアをカバーするための基地局が、ナノセルである。

ナノセルは、事業所程度の範囲をエリアとする基地局である。事業所の外に建てられた基地局が遠すぎて電波が届きにくい、といった場合に設置される。

日本では出力が10mW以下であり、総務省への登録だけで基地局が設置できるものを指す(一般には基地局の設置は免許制)。WILLCOMの企業内基地局のようなものがこれにあたる。

なお、家庭内など、より小規模向けの基地局は「フェムトセル」という。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club