通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ニコニコ静画

辞書:通信用語の基礎知識 通信用語業務編 (CYSVC)
読み:にこにこせいが
外語:NICO NICO SEIGA 和製英語
品詞:固有名詞
2011/07/30 作成
2011/08/17 更新

株式会社ニワンゴが運営しているイラスト投稿サイト。

ニコニコ動画の派生で、動画ではなく静止画を投稿するコンテンツサイト。

そのため以前から人は多かったが、SNSではない(イラスト投稿SNSではない)ので、交流には全く向いていない。

ノリはニコニコ動画に準ずる。

傾向

  • 良いところ
    • 毎時ランキング、ジャンル別ランキングなどニコ動同様のランキングがありランクインしやすい
    • ネタ絵が受けやすい
    • とにかくコメントが多く得られるが、荒らしも多い
  • 悪いところ
    • 18禁禁止 (15禁まで)
    • 無断転載、アニメキャプチャー画像の投稿が多いが、放置されている
    • 草い(VIPPER風な)人やネタが多いので趣向が分かれる
    • 年齢層とモラルが低い

雰囲気

ニコ静は、トレスや転載が多く、単なる画像アップローダーの域を出ていない。

利用規約も内容がなく、運営の信頼度もpixivと大して変わらない。

ファンアートの人気が特に高い(VOCALOIDや東方など)が、絵を描くことに真剣な人間が集まるような雰囲気ではない。

エロ絵を投稿しても、得られるコメントは「ふぅ・・・」などのニコニコ動画のノリなので、これが許容できなければ住民となることは難しいと思われる。

評価方法

絵の評価方法は、「コメント」「クリップ」がある。採点や支援といった評価システムは存在しないが、FaceBook、Twitter、mixi、はてなブックマークなどへの紹介のボタンが存在する。

気に入った絵師は、ウォッチリストに追加することが可能。

コメント

コメントは、ニコニコ動画と同様に匿名である。

このため気軽にコメント可能で、大量のコメントが得られやすい。

但しニコニコ動画とは違い、コメントは画像にオーバーラップ(重ね合わせ)されない。横に表示されるのみである。

タグ

タグはニコニコ動画と同様、閲覧者も編集可能。

各タグは、やはりニコニコ動画と同様にニコニコ大百科にもリンクされる。

ランキング

「創作」「ファンアート」「殿堂入り」の3分野でランキングが表示できる。

期間は、新着、毎時、デイリー、週間、月間、合計、から選択可能。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club