通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ベースバンドリソースマネージャー (Bluetooth)

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:ベースバンドリソースマネージャー
外語:Baseband Resource Manager 英語
品詞:名詞
2010/12/28 作成
2010/12/29 更新

Bluetoothで、ベースバンド層の上位に存在し、無線媒体への全てのアクセスを担当する。

目次

Bluetoothコントローラー内では、概ね上から順に次のようなものがある。

  1. リンクマネージャー/Link Manager(LM)
  2. ベースバンドリソースマネージャー/Baseband Resource Manager
  3. リンクコントローラー/Link Controller(LC)
  4. 無線(RF)

ベースバンドリソースマネージャーは、大きく二つの機能を持っている。

主たる機能は、物理チャンネルでアクセス締結をネゴシエートしたエンティティのすべてに時間を付与するスケジューラーである。

もう一つは、これらのエンティティとのアクセス締結をネゴシエートすることである。アクセス締結は、ユーザーのアプリケーションを提供するために必要な特定のQoSを提供するコミットメントである。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club