通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

リンクコントローラー (Bluetooth)

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:リンクコントローラー
外語:LC: Link Controller 英語
品詞:名詞
2010/12/28 作成
2010/12/29 更新

Bluetoothで、ベースバンド層の下位に存在し、フレームのエンコード・デコードや、フロー制御を担当する。

目次

Bluetoothコントローラー内では、概ね上から順に次のようなものがある。

  1. リンクマネージャー/Link Manager(LM)
  2. ベースバンドリソースマネージャー/Baseband Resource Manager
  3. リンクコントローラー/Link Controller(LC)
  4. 無線(RF)

リンクコントローラーは、エンコードと、データのペイロードおよび物理チャネル、論理トランスポート、論理リンクに関連するパラメーターからのBluetoothパケットのデコードを担当する。

リンクコントローラーは、リンク制御プロトコルシグナリングを(リソースマネージャーのスケジューリング機能と密接に連携しながら)実施し、これはフロー制御およびアックナリッジメントと再送要求シグナルの通信に用いられている。

これらシグナルの解釈は、ベースバンドのパケットに関連付けられている論理トランスポートの特性である。リンク制御シグナルの解釈と制御は、通常、リソースマネージャーのスケジューラーに関連付けられている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club