通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

マイクロセルラー方式

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:マイクロセルラーほうしき
外語:micro cellular method 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

マイクロセルを多数配置する基地局設置方法。マクロセルラー方式に比べていわゆる "基地局の谷間" が出来にくく、また利用者増加による収容可能回線の減少(回線混雑)が発生しにくい。

ただし移動時には必然的にエリア切替が多くなるので、ハンドシェイク時の音声瞬断や回線切断の確率は高くなる。J-フォンとツーカーグループではマイクロセルラー方式を採用する事によって "繋がりやすさ" を確保している。

ちなみに、もともとマイクロセルラー方式とはEricsson(エリクソン) が提唱したマクロセルでカバーしきれない家の中などにマイクロセルを設置することで、"どこに行ってもエリア内" を実現する方法だったが、現在は上記のような定義となっている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club