通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

リング型接続

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術システム編 (CTSYS)
読み:リングがた・せつぞく
外語:ring topology 英語
品詞:名詞
2006/11/22 更新

LAN等の接続形態(ネットワークトポロジー)の一つ。

目次

サーバーやクライアントを環(リング)のように接続するため、このように呼ばれる。

IBMToken Ring方式(IEEE 802.5)などが該当する。

模式的に図にすると次のようになる。

              ┌───┐┌───┐┌───┐
              │Client││Server││Client│
              └─┬─┘└─┬─┘└─┬─┘
                  │        │        │
  ┌───┐  ┌─┴────┴────┴─┐  ┌───┐
  │Client├─┤                          ├─┤Client│
  └───┘  │                          │  └───┘
  ┌───┐  │                          │  ┌───┐
  │Client├─┤                          ├─┤Client│
  └───┘  │                          │  └───┘
  ┌───┐  │                          │  ┌───┐
  │Client├─┤                          ├─┤Client│
  └───┘  └─┬────┬────┬─┘  └───┘
                  │        │        │
              ┌─┴─┐┌─┴─┐┌─┴─┐
              │Client││Client││Client│
              └───┘└───┘└───┘
関連する用語
ネットワークトポロジー
Token Ring
IEEE
IBM

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club