通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

回転式ダイアル

辞書:通信用語の基礎知識 固定電話技術編 (WTELFT)
読み:かいてんしきダイアル
品詞:名詞
2005/12/10 作成
2008/04/04 更新

黒電話などで使われている、パルスダイアルを発生させてダイアルする方式の一つ。

入力したい番号の分だけダイアルを回して手を離すと、ばねの力でダイアルが(一定の速度で)回転して元の状態に戻り、その際にパルスを発生させる。1の数字の場合はダイアルを回す角度が最も小さく(パルス1回分)、0が一番大きい(パルス10回分)。

その構造上、電話番号を素早く正確に入力するのには向いていない。後にはプッシュボタン式の電話機に取って代わられた。

緊急通報

緊急通報のための電話番号には、日本では警察が110、火事救急が119、アメリカではレスキューに911という番号が振られる。番号は違っても、ある一つの共通した方針が、これら番号には存在している。

これは緊急通報なのですぐに電話に繋がらないといけないが、一方で、緊急通報をするような人間は大抵パニックを起こしている。番号を「111」などとしてすぐに繋がっても、相手が何を言っているのか分からなければ無意味である。

そこで、最も早くダイアルが戻る1と、ダイアルが戻るまで時間がかかる9や0を組み合わせた。これは、9や0のダイアルが戻る際に通報者が少し落ち着くことを期待している。

しかし、最近のプッシュボタン式の電話では、このような配慮はあまり意味を成さなくなってしまった。

関連する用語
電話
黒電話
ダイアル
パルスダイアル

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club