通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

3.8MHz帯

辞書:通信用語の基礎知識 無線・アマチュア編 (WAHAM)
読み:さんてんはちメガヘルツたい
外語:3.8MHz band 英語
品詞:名詞
2011/11/13 作成

アマチュア無線に用いられる周波数帯域(アマチュアバンド)の一つ。波長は約79m。

  • 電波帯域HF
  • 指定周波数 ‐ 3,798kHz
  • 周波数域 ‐ 3,702kHz〜3,716kHz、3,745kHz〜3,770kHz、3,791kHz〜3,805kHz
  • 利用条件 ‐ 4アマ以上 (しかし、実際は3アマ以上が必要)

基本的にCW用だが、狭帯域の電話・画像も可能。

基本的にはCW用なので、周波数の条件としては4アマでも利用可能としても、CWは3アマ以上しか使えないため、実質的に3アマ以上用ということになる。

条件

基本的にCW用。

電話もあるが、狭帯域の電話のみである。通常のFM電話「F3E」は占有周波数帯幅が6kHzであるが、2009(平成21)年3月30日から6kHzは「広帯域」に定義変更されたため使えない。

一覧

各周波数は、次のように用いられている。

以下の使用区別は、電波法第61条、無線局運用規則第258条の2の規定に基づく、平成21年総務省告示第179号(2009(平成21)年3月30日施行)により定められているものである。

3,702〜3,716kHz
CW、狭帯域の電話・画像 (全電波型式)
3,745〜3,770kHz
CW、狭帯域の電話・画像 (全電波型式)
3,791〜3,805kHz
CW、狭帯域の電話・画像 (全電波型式)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club