通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

AAL

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術ATM編 (CTATM)
読み:エイエイエル
外語:AAL: ATM Adaptation Layer 英語
品詞:名詞
2006/11/29 更新

ATMアダプテーションレイヤー。ATMレイヤーの上部にあるレイヤーで、音声や映像、データ、または制御情報など、情報の形式やユーザー間の論理的伝送路の区別に依存する作業を受け持つ。

AALはデータリンク層にあり、アプリケーションから受け取ったデータを48オクテット長のセルにし、下層のATM層を経てATMの物理層に渡す。

また逆に物理層から受け取ったセルを元の情報の形式に戻す作業を行なっている。

大きくCSSARの二層のサブレイヤーに分けられる。

AAL3/4AAL5ではCSは更にCPCSSSCSに分けられ、更にコネクション型の場合、SSCSは更にSSCFとSSCOPに分けられる。

用語の所属
B-ISDN
ATM
関連する用語
CS (ATM)
SAR
データリンク層
物理層

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club