通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ARC

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術接続編 (CTIF)
読み:エイアースィー
外語:ARC: Audio Return Channel 英語
品詞:名詞
2011/09/22 作成

HDMIケーブルを使い、音声を受信側(テレビなど)から送信側(AV機器など)に送る機能。

目次

HDMIケーブルはもともと、送信側から受信側に、映像とともに音声も送る機能を持っている。

AV機器とテレビに接続する場合、通常はAV機器が送信側、テレビが受信側となるため、AV機器の音声をテレビに送信することはできるが、その逆を従来のHDMIケーブルですることができないため、別途光ケーブルなどを接続する必要があった。

ARCは、専用に対応したHDMIケーブルを使って、従来無かったこの逆方向、受信側から送信側に音声信号を送るための機能である。

S/PDIF相当の機能を持つとされており、CD相当のリニアPCM 2チャンネルのほか、AAC、あるいはDolby Digitaldtsなどのサラウンドにも対応する。

この機能を使うと、映像の送信と音声の送受信がケーブルがケーブル1本で済むようになる。

ARC対応のテレビやAV機器でも、全てのHDMI端子に機能があるわけではなく、たいていはどれか一つ限定であるので、その端子を選んでケーブルを接続する必要がある。

HDMI 1.4以降に対応したHDMIケーブルは、ARCとともにHECにも対応している。HEC対応、あるいは「Ethernet」と書かれたケーブルが、この対応ケーブルとなる。

用語の所属
HDMI
関連する用語
HEC

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club