通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

S/PDIF

辞書:文化用語の基礎知識 音楽・技術編 (LMTECH)
読み:エスピーディーアイエフ
外語:S/PDIF: Sony/Philips Digital Interface Format 英語
品詞:固有名詞
1999/04/12 作成
2013/01/22 更新

民生用のディジタルオーディオ機器に使われている、ディジタルオーディオインターフェイス。IEC 60958(旧IEC 958)、EIAJ CP-1201(旧CP-340)などにより標準化されている。

物理層は二種類存在する。()内はコネクターの種類。

光ファイバーのものは、東芝商標TOSLINKとも呼ばれることもあった。

ケーブル

民生機では光ファイバーが採用された。一方で、業務用機に搭載されたS/PDIFは、主に同軸ケーブルだった。

S/PDIF用光ファイバーケーブル
S/PDIF用光ファイバーケーブル

現在ではパソコン用の高級なサウンドカードにも光ファイバーのS/PDIFが搭載されている。

通信仕様

データ通信は送信側からの出力のみの単向通信方式である。

一本のケーブルで16〜24ビットのディジタルオーディオデータを2チャンネル(ステレオ)まで転送することが可能。

サンプリング周波数は32kHz、44.1kHz・48kHz(ノーマル)、88.2kHz・96kHz(ダブルスピードまたはデュアルワイヤー)、176.4kHz・192kHzが規定されている。

AES/EBU

S/PDIFの業務用とも言えるものが、AES/EBUである。

使用するケーブルやコネクター等に違いがあるが、プロトコルなどの基本部分はS/PDIFと同様である。

なおAES/EBUは民生用のS/PDIFとは異なり、SCMSなどのコピー制限は無い。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club