通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

CGI

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術蜘蛛編 (CTWWW)
読み:スィージーアイ
外語:CGI: Common Gateway Interface 英語
品詞:名詞
2006/11/22 更新

WWWで、Webブラウザーからの要求に対してHTTPサーバーが別のプログラムを起動実行し、結果をWebブラウザーに返す処理を実現するためのインターフェイス。CGI/1.1の仕様がRFC 3875で規定されている。

例えば、次のような機能を実現する際に利用されている。

プログラムとして実行できれば良いので、様々な言語やスクリプトが利用出来る。

よく利用されるのは次のようなものである。

  • UNIXのshやその互換シェル
  • Perl
  • C
  • C++

1993(平成5)年にCGI 1.0が登場し、その翌年1994(平成6)年にCGI 1.1に更新された。現在はCGI 1.1が標準である。

もっとも、標準とはいえ公式な仕様書のたぐいは長く存在しなかった。2004(平成16)年になり、ようやくInformational(情報提供)プロトコルとしてRFC 3875が公開された。

関連するリンク
http://hoohoo.ncsa.uiuc.edu/cgi/
所属する技術
WWW
Webブラウザー
関連する技術
SSI
ASP (Microsoft)
関連する用語
Perl
C
C++

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club