通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

WWW

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術蜘蛛編 (CTWWW)
読み:ワールドワイドウェブ
外語:WWW: World Wide Web 英語
品詞:名詞
2006/11/23 作成
2015/04/14 更新

ハイパーテクストによる広域情報システムのこと。英語で、「世界規模のクモの巣」の意。

WWWというシステムは、1989(平成元)年にスイスのCERN(ヨーロッパ共同利用素粒子物理学研究センターの前身)のTim Berners-Leeにより提唱された

URLという情報の格納場所と通信手段を入力することで、ハイパーテクスト(任意の情報から他の情報へ自由に移行できる文書)を表示することを可能とした。

プロトコル

現在では通信プロトコルとしてHTTPHTTPSを用いるのが一般的だが、FTPなどでも構わない。

ハイパーテクストを記述する言語としては、古くよりHTMLや互換フォーマットが使われている。HTML4まではSGMLに準拠したアプリケーションであり、やがてXMLに準拠したアプリケーションXHTMLを経て、独自形式のHTML5に移り変わっていった。

ソフトウェア

WWWを利用するためのアプリケーションソフトウェアを総じてWebブラウザーという。

時代によって様々なものが使われてきた。

黎明期にはMosaicNetscape Navigatorなどが、そしてInternet Explorerを経て、現在ではGoogle ChromeOperaMozilla Firefoxなどが使われるようになっている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club