通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

CLLM

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術物理層編 (CTPMD)
読み:スィーエルエルエム
外語:CLLM: Consolidated Link Layer Management 英語
品詞:名詞
2000/12/21 作成

統合リンクレイヤマネジメント。

フレームリレーで、輻輳が発生するか、または網やユーザ・網インタフェースの故障状態を通知するために網が自律的に生成し送出するフレームのこと。

輻輳状態や故障が継続している間、10秒間隔で送出され続ける。但しCLLMメッセージはあらかじめ規定されたユーザーにのみ送出される。

関連する用語
輻輳
BECN
FECN

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club