通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

DNSスプーフィング

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術安全編 (CTSEC)
読み:ディーエンエス・スプーフィング
外語:DNS spoofing 英語
品詞:名詞
2003/10/15 作成
2006/12/08 更新

DNSキャッシュを汚染すること。これによって攻撃を受けたDNSを使うユーザーは、目的のサイトにアクセスしたつもりが、実は悪意ある何者かのサイトへと誘導される可能性がある。

クラッカーからすると、ユーザーを意図した先へ誘導することが可能となる。

目次

DNSは、コンピューター名IPアドレスに解決するためのサービスである。

ネットワーク上に散在するDNSサーバーは、各々が担当する特定範囲の情報のみを管理していて、管轄外のホスト名の問い合わせについては、他のDNSサーバーへ解決を要請する、つまり丸投げする。

しかしアクセス頻度の高いホスト名があったとして、それを何度も外に問い合わせるのは効率が良いとはいえない。そこで検索効率向上のために、一度管轄外で解決されたアドレスは、一定期間キャッシュとして保存し、その間は再利用される。

このメカニズムによって高速なアクセスを実現するが、しかしもし、他のDNSサーバーから誤った情報が渡された場合、それまでもがキャッシュに残ることになり、実はこれが現在のDNSがもつ最大の脆弱性なのである。

例えば悪意あるクラッカーがホストAの名前解決を管轄する、DNS 1という名のDNSを持っていたとする。

そしてある第三者が管理する、攻撃対象となるDNSのDNS 2を攻撃する。

具体的には、

  • ホストAの別名はXXXXである
  • XXXXの名前解決はDNS 1が担当している

という情報をDNS 2に対して流す。

この状況でユーザーがDNS 2に対してホストAの名前解決を依頼すると、DNS 2は悪意あるDNS 1に対して解決の要請を行なってしまう。

この時にDNS 1が不正なIPアドレスをDNS 2に返せば、DNS 2は不正な値を返すとともに、またDNS 2のキャッシュは汚染されてしまうわけである。

関連する用語
スプーフィング
DNS

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club