通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

FTTC

辞書:通信用語の基礎知識 固定電話技術編 (WTELFT)
読み:ファイバー・トゥーザ・カーブ
外語:FTTC: Fiber To The Curb 英語
品詞:名詞
2004/05/04 更新

FTTH(Fiber To The Home)が各家庭へ一本ずつ光ファイバーを引き込むのに対し、こちらは家の近所の道路の縁(カーブ)、つまり饋線点(き線点)まで光ケーブルを引き、そこでONUなどにより電気信号へ変換してメタルケーブルで複数の家庭へ引き込むもの。

一本の光ケーブルで複数の家庭をまかなえるため、コスト的なメリットが見込めるとされている。

ちなみに現在のADSL普及以前、NTTがやっていたFTTCはISDN前提のものであり、2B+Dの144kbpsという、今となっては激遅のシステムであった。こうして配線系が光化された状態を光収容といい、ADSLにとって大いなる敵となってしまった。

関連する網システム用語
FTTH
ONU
饋線点
RT方式
光収容
関連する用語
光ファイバー
メタルケーブル

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club