通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

GMPLS

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:ジーエムピーエルエス
外語:GMPLS: Generalized MultiProtocol Label Switching 英語
品詞:名詞
2006/11/07 更新

MPLSを拡張、発展させた光ネットワーク用のプロトコル。Cisco SystemsではMPλSと呼ぶ。

目次

MPLSはIPネットワークを前提としたものだったが、Generalized(一般化)を冠したこのプロトコルは、IP以外のネットワーク、特に光ネットワークに対応した。

従ってIPネットワークに限られず、光信号、あるいはSONET/SDHなどでも利用される。

MPLSは、ラベルを付けるというシンプルな方法で、効率的な転送を実現した。

GMPLSでは、この考えを光ネットワークに導入し、その「ラベル」として「光の波長(色)」を認識するようにした。この理由は明快であり、光信号を光信号のまま伝送することにある。

こうすると光信号電気信号に変換する必要がなくなり、光信号のまま、送ることが可能となる。これが実現できれば、光信号は光信号のままルーティングできるようになり、処理が軽くなり伝送の効率化に繋がる。

用語の所属
ルーティング
関連する用語
MPLS

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club