通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

I (HDLC)

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術下編 (CTEQIP)
読み:アイ
外語:I: Information 英語
品詞:名詞
2008/01/31 作成
2008/02/07 更新

HDLCにおける、情報フレーム(ユーザーデータ送受信用のフレーム)のこと。

LAPB(X.25)やLAPD(Q.921)のパケットデータの転送は、Iフレームで行なわれる。

X.25では、パケットレベルの情報はIフレームのみで行なわれるよう規定している。

制御フィールドCのLSB(ビット1)が0であるものがIフレームであり、それ以外は全て制御フレームである。

LAPBの基本(モジュロ8)動作では、制御フィールドCは次のようになる。

  • N(R) (3ビット、ビット8〜6)
  • P (1ビット、ビット5)
  • N(S) (3ビット、ビット4〜2)
  • Frame (1ビット、ビット1) 常に0

LAPBの拡張(モジュロ128)動作およびLAPDでは、制御フィールドCは次のようになる。

  • 1オクテット目
    • N(S) (7ビット、ビット8〜2)
    • Frame (1ビット、ビット1) 常に0
  • 2オクテット目
    • N(R) (7ビット、ビット8〜2)
    • P (1ビット、ビット1)

情報フレームを送信する場合は、送信局の送信状態変数および受信状態変数を、それぞれ制御部(プロトコルヘッダー)のN(S)、N(R)に設定する。この変数は、リンク確立時(SABMSABMEなど)に、一次局・二次局ともに0に設定される。

上位層へ送る情報(例えばQ.931)は、フレーム内のSDU/Service Data Unitに格納する。SDU長は最大4099オクテットである。

フレームを受信した際、N(S)と受信状態変数が一致したときに正常フレームと判定してフレームを受け入れ、受信局は受信状態変数を1増やす。さもなくば、受信したフレームは異常フレームとして破棄する。

関連する用語
HDLC

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club