通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

IEEE 802.11h

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:アイトリプルイーはちゼロにーてんいちいちエイチ
外語:IEEE 802.11h 英語
品詞:固有名詞,団体組織名
2003/06/13 作成
2015/05/11 更新

IEEE 802.11の作業部会の一つで、DFSとTPCの策定を目的とする。および、この作業部会で作られた規格のこと。

目次

IEEE 802.11 MACとIEEE 802.11a PHYに追加するための、次の2仕様を策定することを目的とした。

  • DFS (Dynamic Frequency Selection)

    通信前に周波数の利用状況を調べて利用するチャンネルを選択する機能

  • TPC (Transmit Power Control)

    状況に応じ、電波出力を調整する機能

元々は、5GHz帯の無線LAN向けに、ヨーロッパの周波数規制に対応するために作られた。日本でも気象レーダーなどで用いられている帯域と共用となるため、この規格が必須である。

DFSは、無線LANは少ないチャンネルを効率良く使うため、使用するチャンネルを自動で変更し、混信のないチャンネルを自動選択する機能である。

TPCは、端末とアクセスポイント(AP)の距離などの条件により、出力を絞り省エネを図る機能である。距離が目と鼻の先であれば、電波を最大出力にする必要がないことは自明である。この機能を使うことで、ノートパソコンなどで利用する場合でも、バッテリーの浪費を抑えることができる。

用語の所属
IEEE 802.11

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club