通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ISL

辞書:通信用語の基礎知識 通信手順中編 (CPTRAN)
読み:アイエスエル
外語:ISL: Inter Switch Link 英語
品詞:名詞
2006/11/09 更新

VLANトランキングを実現するためのネットワーク層プロトコルの一つ。

複数のスイッチを取り込んでVLANを構成するためのCisco Systemsの独自プロトコルである。

カプセル化フレーム(元のデータ)はISLヘッダーを伴いカプセル化される。

Ethernetの場合、26オクテットのISLヘッダーを伴い丸ごとカプセル化され、最後に4オクテットのCRCを付加する。ISLはIEEE 802.1Qとは異なり、Ethernetフレームには一切手を触れないため、トランクリンク出力時にEthernetフレームのCRCを再計算する必要がない。フレームサイズが大きくなるという弊害はあるが、スイッチに掛かる負荷が少ないという利点がある。

26オクテットで構成される。サイズはビット。

項目サイズ内容
略称名称
DA宛先アドレス4001:00:0c:00:00 (マルチキャスト)
TYPEフレームタイプ40=Ethernet、1=Token Ring、2=FDDI、3=ATM
USERユーザー定義ビット4拡張用。優先度など。
SA送信元アドレス48トランクリンクの送信元ポートのMACアドレス
LENフレーム長16この次からFCSの手前までのフレーム長
SNAP/LLCSNAP240xAAAA03
HSASA上位ビット24SAの上位24ビット。00:00:0x(CiscoのOUI)
VLAN IDVLAN番号15VLANの番号
BPDU/CDPBPDU/CDPインジケーター1フレームの中身のBPDU/CDPの識別
IDXインデックス16フレームの送信元ポート番号
RES予約16トークンリング、FDDI時に用いる

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club