通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

IVC

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字用語編 (CTCHRY)
読み:アイヴィースィー
外語:IVC: Ideographic Variation Collection 英語
品詞:名詞
2010/04/09 作成
2012/11/12 更新

Unicodeにおいて、IVSの集合。

目次

IVSをまとめてIVCとし、Unicode社に登録を申請する。

Unicode社は、申請されたIVCをIVDに登録し、各IVSに対して他のIVCと重複しないように異体字セレクターを割り振る。

IVD/IVC/IVSという管理がなされる。

異なるIVCがIVSを共有してはならないことになっており、このため同じと判断できるグリフであっても別の異体字セレクターが割り当てられる。

Adobe-Japan1しか無かった頃は問題視されなかったが、ここにHanyo-Denshiが登録され字形の重複が大量に生じたことで、大問題となった。

関連するリンク
Ideographic Variation Database
用語の所属
Unicode
ISO/IEC 10646
関連する用語
IVD
IVS

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club