通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

IrDA FIR

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:アイアーディーエイ・エフアイアー
外語:IrDA FIR: IrDA Fast InfraRed 英語
品詞:名詞
2010/01/24 作成

IrDA物理層(変調方式)の一つで、高速なもの。但し、現在は更に高速な仕様もあるため、これが最速というわけではない。

使用する赤外線の波長や変調方式を定めるものの一つで、4PPM(4 Pulse Position Modulation)方式を採用した。

IrDA 1.1から追加され、速度は最大4Mbpsである。

技術

フレーム構成は次の通り。

[PA]+[STA]+[ADDR]+[Control]+[Information]+[FCS]+[STO]

  • PA ‐ プリアンブル ‐ 1000 0000 1010 1000
  • STA ‐ 開始フラグ ‐ 0000 1100 0000 1100 0110 0000 0110 0000
  • ADDR ‐ アドレスフィールド(8ビット) 4PPM format
  • Control ‐ コントロールフィールド(8ビット) 4PPM format
  • FCS ‐ 32ビットCRC (x32+x26+x23+x22+x16+x12+x11+x10+x8+x7+x5+x4+x2+x1+x0) 4PPM format
  • STO ‐ 終了フラグ ‐ 0000 1100 0000 1100 0000 0110 0000 0110
用語の所属
IrDA

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club