通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

J-PHONE

辞書:通信用語の基礎知識 電話情報編 (WTELI)
読み:ジェイフォン
外語:J-PHONE 英語
品詞:商品名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

J-フォンのサービスブランド名。

元々はデジタルホン(東京/東海/関西)のサービスのブランド名で、その後デジタルツーカーを含めた合併時に、このブランド名が社名として採用された。ブランドと区別するためか、社名の場合は "J-フォン" とかな書きにされることが多いようだ。ちなみに登記の社名はジェイフォン株式会社である。Vodafone傘下になって後、2003(平成15)年10月1日にはJ-PHONEブランドは廃止され、Vodafoneブランドとなった。

かつてデジタルホン時代の電話機の型番はDP-141やDP-151のようなDP-xxx形式だったが、スカイウェブや電子メール機能のサポートが始まった頃から、端末の名前がJ-xNN形式になった。xはメーカーを表わす1〜2文字程度の英字、NNはそのメーカーでの連番である。例えば、シャープの4番目はJ-SH04となる。また3GからはJ-SA001のように連番が3桁となった。

"J-" 型番シリーズ以降の一番人気はシャープ製端末であり、他の端末はどれも少々マニアックなものとなっている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club