通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

L2TP

辞書:通信用語の基礎知識 通信手順中編 (CPTRAN)
読み:エルトゥーティーピー
外語:L2TP: Layer 2 Tunneling Protocol 英語
品詞:名詞
2004/11/23 作成
2014/12/25 更新

IPトンネリング通信プロトコルRFC 2661として規定されている。

Cisco Systemsの提唱したL2F(RFC 2341)と、Microsoftの提唱したPPTP(RFC 2637)とを融合させた、VPNを実現するためのIPトンネリングプロトコルである。

類似のプロトコルにIPsecなどがあり既に実用化されているが、L2TPの存在意義としては、その名の通りレイヤー2(データリンク層)でトンネリングを実現する点にある。レイヤー3(ネットワーク層)でトンネリングするIPsecと異なり、ハードウェアに依存した情報を利用することでアクセスの制御を実現できる。

用語の所属
IPトンネリング
VPN
関連する用語
IPsec

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club