通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

LLCヘッダー (Ethernet)

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術下編 (CTEQIP)
読み:エルエルスィーヘッダー
外語:LLC header: Logical link control header 英語
品詞:名詞
2014/11/04 更新

論理リンク制御層のヘッダー。末尾の音引きを略して「LLCヘッダ」とも。

IEEE 802.3標準Ethernet、IEEE 802.5(Token Ring)、FDDI等では、MACヘッダーに続き、LLCヘッダーが付けられている。

目次

IEEE 802.3などの場合、MACヘッダー内のアドレスの後はDIX仕様Ethernet(Ethernet Ⅱ)と違ってフレーム長であり、フレーム中の上位プロトコルが何であるかを格納するフィールドがない。LLCヘッダーにも上位プロトコル情報は含まれていない。

そこで、LLC副層では更にSNAPというプロトコルを用いる。

このヘッダーは3〜4オクテット構成で、頭から順に次の情報が含まれる。

  • DSAP (1オクテット) 宛先サービスアクセス点
  • SSAP (1オクテット) 発信特定サービスアクセス点
  • 制御 (1〜2オクテット)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club