通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

IEEE 802.3

辞書:通信用語の基礎知識 通信手順下編 (CPEQIP)
読み:アイトリプルイーはちゼロにーてんさん
外語:IEEE 802.3 英語
品詞:名詞,団体組織名
1999/10/19 作成
2015/01/14 更新

IEEE 802標準化委員会のうち、802.3 Ethernet作業部会のこと。及びこの部会で策定されたLANの代表的な接続方式の標準。ISOではISO 8802-3が相当する。

IEEE 802.3とは、IEEE 802標準化委員会の802.3 Ethernet作業部会のことである。ここから、この作業部会で作られた仕様をIEEE 802.3と呼ぶ。

元々は1976(昭和51)年に米Xerox社のパロアルト研究所(PARC)で開発され、DEC、Intel、Xeroxによって策定されたEthernet(通称DIX仕様)を元にIEEEが標準化した。

しかしDIX仕様とは非互換であるため、相互の通信は出来ないが、殆どの機器が双方を扱うことができる。

IEEE 802.3は、無線LANや、有線ではIPX/SPXNetBIOSなどで使われている。

物理層

様々な物理層が使われている。

技術一覧

タスクフォース

  • IEEE 802.3.1
  • IEEE 802.3.3

作業部会一覧

10BASE5から始まったIEEE 802.3は、後から規格が融合、更新され、現在に至っている。

  • IEEE 802.3 ‐ 10BASE5
    • IEEE 802.3-1998 ‐ 改訂版
    • IEEE 802.3-2002 ‐ 改訂版
    • IEEE 802.3-2005 ‐ 改訂版
    • IEEE 802.3-2008 ‐ 改訂版。リンクアグリゲートは802.1AXに分離された
  • IEEE 802.3a ‐ 10BASE2
  • IEEE 802.3b ‐ 10BROAD36
  • IEEE 802.3c ‐ リピーター
  • IEEE 802.3d ‐ FOIRL
  • IEEE 802.3e ‐ 1BASE5(IBM StarLAN)
  • IEEE 802.3f ‐ 1BASE5 マルチポイント拡張 (withdrawn)
  • IEEE 802.3g (欠番?)
  • IEEE 802.3h ‐ 10Mbps DTE
  • IEEE 802.3i ‐ 10BASE-T
  • IEEE 802.3j ‐ 10BASE-F (10BASE-FL10BASE-FB10BASE-FP)
  • IEEE 802.3k ‐ 10Mbps リピーター
  • IEEE 802.3l ‐ 10BASE-T MAU
  • IEEE 802.3m ‐ メンテナンス #2
  • IEEE 802.3n ‐ メンテナンス #3
  • IEEE 802.3p ‐ 10Mbps Ethernet用MAU
  • IEEE 802.3q ‐ 管理対象オブジェクト開発用ガイドライン
  • IEEE 802.3r ‐ 10BASE5の更新
  • IEEE 802.3s ‐ メンテナンス #4
  • IEEE 802.3t ‐ 100BASE-T 120Ωケーブル
  • IEEE 802.3u100BASE-TX100BASE-T4100BASE-FX
  • IEEE 802.3v ‐ 10BASE-T 150Ω twinaxケーブル
  • IEEE 802.3w (欠番?)
  • IEEE 802.3x全二重フロー制御
  • IEEE 802.3y ‐ 100BASE-T2
  • IEEE 802.3z ‐ 1000BASE-X (1000BASE-SX1000BASE-LX1000BASE-CX)
  • IEEE 802.3aa ‐ メンテナンス #5
  • IEEE 802.3ab ‐ 1000BASE-T
  • IEEE 802.3ac ‐ VLANタギングのための、最大フレーム長拡張
  • IEEE 802.3adリンクアグリゲート
  • IEEE 802.3ae10GBASE-Xファミリー10GBASE-Rファミリー10GBASE-Wファミリー
  • IEEE 802.3af ‐ Power over Ethernet
  • IEEE 802.3ag ‐ メンテナンス #6
  • IEEE 802.3ahEFM
  • IEEE 802.3ai
  • IEEE 802.3aj ‐ メンテナンス #7
  • IEEE 802.3ak ‐ 10GBASE-CX4
  • IEEE 802.3al
  • IEEE 802.3am
  • IEEE 802.3an ‐ 10GBASE-T
  • IEEE 802.3ao
  • IEEE 802.3ap ‐ プリント基板回路上でのバックプレーンEthernet
  • IEEE 802.3aq ‐ 10GBASE-LRM
  • IEEE 802.3ar ‐ キャンセル (輻輳管理)
  • IEEE 802.3as ‐ 最大フレーム長を2000バイトまで拡張する規格
  • IEEE 802.3at ‐ Power over Ethernetの拡張
  • IEEE 802.3au ‐ Power over Ethernetの分離条件 (802.3-2005/Cor 1)
  • IEEE 802.3av ‐ 10Gbps EPON
  • IEEE 802.3aw ‐ Fixed an equation in the publication of 10GBASE-T (IEEE 802.3-2005/Cor 2)
  • IEEE 802.3ax ‐ リンクアグリゲート
  • IEEE 802.3ay ‐ メンテナンス #9
  • IEEE 802.3az ‐ 省エネルギーEthernet (Energy Efficient Ethernet)
  • IEEE 802.3ba ‐ 40Gbpsおよび100Gbps Ethernet
  • IEEE 802.3bb ‐ Increase Pause Reaction Delay timings which are insufficient for 10G/sec (IEEE 802.3-2008/Cor 1)
  • IEEE 802.3bc ‐ Ethernet関係のTLV(タイプ、長さ、値)をIEEE 802.1AB (LLDP)追補Fから移動して更新
  • IEEE 802.3bd ‐ 優先度ベース フロー制御のためのMAC制御フレーム
  • IEEE 802.3be ‐ Ethernet MIB
  • IEEE 802.3bf ‐ IEEE P802.1AS対応のための特定のパケットの送受信開始時間
  • IEEE 802.3bg ‐ 40Gbps SMFと互換性のある40Gbps 光物理層(PMD)
  • IEEE 802.3bh ‐ メンテナンス #10
  • IEEE 802.3bi
  • IEEE 802.3bj ‐ バックプレーンと銅線での100Gbps
  • IEEE 802.3bk ‐ Extended EPON
  • IEEE 802.3bl
  • IEEE 802.3bm ‐ 光ファイバーでの40Gbpsと100Gbps
  • IEEE 802.3bn ‐ EPON Protocol over Coax (EPoC)
  • IEEE 802.3bo
  • IEEE 802.3bp ‐ ツイストペアでのGbE PHY
  • IEEE 802.3bq ‐ ツイストペアでの40Gbps
  • IEEE 802.3br ‐ amendment: Interspersing Express Traffic
  • IEEE 802.3bs ‐ ファイバーでの400Gbps
  • IEEE 802.3bt ‐ amendment: 4ペアMDIでのDTE電源
  • IEEE 802.3bu ‐ amendment: 1ペアのデータライン電源
  • IEEE 802.3bv ‐ プラスチック光ファイバーでのGigabit Ethernet
  • IEEE 802.3bw ‐ 100BASE-T1 (1対のツイストペアケーブルでの100Mbps、車内LANを想定)
  • IEEE 802.3bx ‐ メンテナンス #11
  • IEEE 802.3by ‐ 25Gbps Ethernet

フレーム

IEEE 802.3の仕様

IEEE 802.3(Ethernet)の最大フレーム長は、元々は1518バイトだった。

IEEE 802.1Q(VLAN)規格でのTAG情報4バイト付加に対応するため、IEEE 802.3acで1522バイトに拡張された。

更にIEEE 802.3asは、Ethernetの最大フレーム長を通常の1518バイトから2000バイトまで延長する。

構造

EthernetとIEEE 802.3のフレーム構造は似ているが、一部に決定的な差異がある。

どちらもデータは46〜1500オクテットで同じだが、その前には先頭から、プリアンブル、SFD、宛先(DA)、送信元(SA)、長さ、必要に応じてTAGが付く。この「長さ」領域がEthernetとIEEE 802.3の大きな違いとなっている。

またデータの後にはFCSや拡張領域などが付けられる。

プリアンブル
7オクテット以上0と1が交互に並ぶ。
SFD(Start Frame Delimiter)
フレーム開始デリミター。フレームの開始を表わす1オクテット。常に10101011
宛先/送信元
いわゆるMACアドレス
長さ
データ/PAD部の長さ(46〜1500)
TAG
IEEE 802.1p/802.1QではVLANや優先度情報を含むタグをつけることで、IEEE 802.3上でのQoSを実現する。
FCS
CRC
Carrier Extension
ギガビットEthernetで使われる。
関連するリンク
IEEE 802.3 CSMA/CD
用語の所属
Ethernet
IEEE 802
関連する用語
SNAP
LLCヘッダー (Ethernet)
IEEE 802.1X
IEEE 802.1Q
IEEE 802.2

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club