通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

SNAP

辞書:通信用語の基礎知識 通信手順下編 (CPEQIP)
読み:スナップ
外語:SNAP: Subnetwork Access Protocol 英語
品詞:名詞
2003/01/30 作成
2008/05/22 更新

サブネットワーク・アクセス・プロトコル。

目次

DIX仕様のEthernetと異なり、IEEE 802.3標準Ethernet、IEEE 802.5(Token Ring)などでは、データリンク層フレーム中に上位のネットワーク層が何のプロトコルであるかを格納するフィールドがない。

そのため、そのままでは受信したフレームのネットワーク層プロトコルを確定できない。

これを解決するため、IEEE 802標準ではフレームのデータ部の先頭に二種類のヘッダーを置き、LLCヘッダーに続く2番目のヘッダーであるSNAPにネットワーク層のプロトコルの種類を格納するようにしている。この構造を、LLC/SNAPと言う。

SNAPヘッダーは5オクテット構成で、頭から順に次の情報が含まれる。

  • OUI (3オクテット) 管理組織識別子
  • PID (2オクテット) プロトコル識別子

PIDはEtherType(Ethernetフレームタイプ番号)と同じである。例えば0x0800ならIPv4、0x0806ならARPとなる

用語の所属
データリンク層
関連する用語
LLCヘッダー (Ethernet)
OUI
PID
IEEE 802.3
IEEE 802.5

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club