通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

MDO6

辞書:通信用語の基礎知識 通信手順中編 (CPTRAN)
読み:エムディーオウスィックス
外語:MDO6: Multiple Destination Option on IPv6 英語
品詞:名詞
2006/06/15 更新

1対複数の通信を行なうためのプロトコルで、IPv6上で動作する。

マルチキャストの場合、世界中(少なくとも途中経路の全て)のルーターがマルチキャストに対応していないと使えない。膨大な経路表の管理も難しい。

対してMDOは、規模は小さく限定されるが、経路途中のルーターが制限されない。

マルチキャストとは異なり、送信者はあらかじめ送信先の複数のIPアドレスをヘッダーに設定して送信する。つまり、送り主が送る相手を指定するマルチキャストである。

オプションの発想自体をMDO、IPv6上で動作するものはその内でMDO6と呼ばれるが、実際にはkame上に実装されたMDO6しか存在しない。

2000(平成12)年頃に富士通研究所グリッド&バイオ研究部の今井祐二によってI-Dが出されていたが、RFCにはならなかった。この概念を元にした後継プロトコルはXCAST6である。

関連する用語
マルチキャスト
XCAST
IPv6

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club