通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

MNP5

辞書:通信用語の基礎知識 通信手順下編 (CPEQIP)
読み:エムエンピーご
外語:MNP5: Microcom Network Protocol 5 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

米Microcomの提唱したモデム通信プロトコルのクラスの一。

MNP4に加えてデータ圧縮を行なうもの。二種類の圧縮技術が併用されている。一つはランレングス圧縮により、同一文字が3以上続いた場合にそれ以降を送らずに最大250まで数え、違う文字になるか最大になった時に文字と数を送るようにする。

もう一つはアダプティヴ・アクティヴ・トークン・ナイジングにより、実際にデータを送るのではなく、データ出現頻度に応じたトークンと呼ばれる一連のパターンを割り付け、その内容を転送する。これら二つの技術により伝送効率は200%程度にまで向上した。

なお、後者のトークンを利用した方式は、要するに圧縮をするので、既に圧縮されている場合は逆にサイズが増加してしまい効率が悪化する。このMNP5を参考に拡張されたITU-T V.42bis標準ではこの点に注目し、効果に合わせて動的に圧縮機能を停止/再開できる仕組みを用意して問題を回避している。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club