通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

MNP7

辞書:通信用語の基礎知識 通信手順下編 (CPEQIP)
読み:エムエンピーなな
外語:MNP7: Microcom Network Protocol 7 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

米Microcomの提唱したモデム通信プロトコルのクラスの一。

MNP5に加えて二種類の技術により効率を向上させている。まずターボモードはスループットを1.66倍程度高速化し、更にランレングス圧縮に工夫を凝らし効率を上げた。これは、次の4ビットを0〜15までの数値として表わし、それ以降はニブルと言うフラグを立てる二重構造を取る。

もう一つはアダプティヴ・ホフマン・マルコフモデルで、アダプティヴ・トークン・ナイジング手法でマップに割り付けていた手法に加え1つ前のキャラクターに対してもマップを割り付け、2次元マップを作成する。後者は "予想の圧縮方法" と呼ばれ 8ビット単位(256×256のマップ)で割り付けられ同一頻度が高いほど圧縮効率は増大する。この圧縮により物理回線の300%程度の効率を実現できる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club