通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

NTTドコモ 2008年度冬春モデル

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話端末編 (WTELMP)
読み:エヌティーティードコモ・にせんはちねんど・ふゆ・はるモデル
品詞:商品名
2014/02/26 作成

NTTドコモが、2008(平成20)年の冬から翌年春にかけて販売を開始した電話機製品のシリーズ名の俗称。全22機種。

特に季節的な名は付けられていない発表となったが、夏以降は「xxxx年夏モデル」のように発表されるようになっている。

またこのモデルから型番や分類が一新され、従来の900シリーズ700シリーズといった型番や分類を廃止した。

今回からは、新たにSTYLE/PRIME/SMART/PROの4シリーズでの展開を実施した。また型番も「N-02A」「F-03A」といったようにメーカーの記号を冠して発売順を表わす数字2桁と英字1字を付けるようにした。

この時点での主力はFOMAつまり従来型携帯電話機(フィーチャーフォン)であるが、BlackBerry BoldやNokia E71などスマートフォンもある。

  • docomo STYLE series (6機種)
    • F-02A
    • N-02A
    • N-03A
    • P-02A
    • P-03A
    • SH-02A
  • docomo PRIME series (7機種)
    • F-01A
    • F-03A
    • L-01A
    • N-01A
    • P-01A
    • SH-01A
    • SH-03A
  • docomo SMART series (4機種)
    • F-04A
    • N-04A
    • P-04A
    • P-05A
  • docomo PRO series (5機種)
    • HT-01A
    • HT-02A
    • SH-04A
    • BlackBerry Bold
    • Nokia E71

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club