通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

NVM Express

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術接続編 (CTIF)
読み:エンヴィーエム・エクスプレス
外語:NVMe: Non-Volatile Memory Express 英語
品詞:名詞
2015/11/13 作成

SSDを接続するためのインターフェイスの一つ。略称は「NVMe」。

Intel、鮮Samsung Electronics、米SanDisk、米Dell、米Seagate TechnologyなどのSSDベンダーが参画する推進団体により策定された。

SSDの高速性を生かすため、従来のインターフェイスを置き換えるために登場した。

誕生経緯

SSD誕生当初は、ハードディスクドライブ(HDD)用に開発されたインターフェイスであるシリアルATA(SATA)やSASがそのまま使われていた。

しかしHDD用としては充分な速度があるものの、高速化が著しいSSDにおいては転送速度が足らず、インターフェイス自体がボトルネックとなってしまった。

転送速度は、シリアルATA 3.0やSAS 2.0の上限は6.0Gbps(600Mバイト/秒)、SAS 3.0の上限は倍の12.0Gbpsであるが、SSDの潜在能力はそれを上回っていた。

インターフェイス

NVM Expressは、インターフェイスの高速化にあたり、従来のSATAではなくPCI Expressを採用した。

キュー

キュー(命令)数は、従来のシリアルATAのAHCIが最大32個だったのに対して、NVM Expressは最大64kキュー(つまり最大65,535キュー)と大幅に増やされ、マルチタスク動作を前提とした仕様に変更された。

これにより、膨大なデータアクセスがあるデータセンターなどでも効率の良い処理が可能となる。ただし一般のコンシューマー用途ではここまでキュー数が多くなることはないため、一般用途に限って言えば、これ自体は高速化にはさほど寄与しない。

コネクター

NVM Express自体は制御仕様であるため、特に決まったコネクターは定められていない。

次のようなものがよく知られている。

関連する用語
シリアルATA
AHCI

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club