通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

NetBEUI

辞書:通信用語の基礎知識 通信手順中編 (CPTRAN)
読み:ネットビューイ
外語:NetBEUI: NetBios Extended User Interface 英語
品詞:固有名詞
1997/04/28 作成
2014/12/07 更新

IBMが1985(昭和60)年に開発したネットワークプロトコル。

ルーティング機能を持たない、小規模なLAN向けの通信プロトコルであり、従来のNetBIOSを改良して作られた。

その後さらにMicrosoftやNovellにより拡張され、32ビット時代までのMicrosoft Windowsではプリンターやファイル共有のために利用された。

呼称

元々のNetBEUIは、プロトコルからAPIまでを含む総称であった。

後に、プロトコルをNetBEUI、APIをNetBIOSと呼び分けるようになったが、この呼び分け方はNetBEUIがNetBIOSの拡張として作られたことと矛盾する。

そこで、プロトコルのみを指す場合はNBF(NetBIOS Frame protocol)と呼ぶ。

その後

インターネットおよびTCP/IPの普及に伴い、IBMは、このNetBIOSをTCP/IPで使うNetBIOS over TCP/IP(TCPBEUI、NetBT)を用意した。

以降、TCP/IPで使うものへと移行が進み、旧来のNBFはほぼ需要がなくなった。Windowsでは、Windows XPでは標準インストールされず、そしてWindows 7からは対応が廃止された。

関連する用語
NetBIOS
NetBIOS over TCP/IP
NetBT

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club